FC2ブログ

[fortran] 全角空白「 」を2個の半角空白「 」に変換するプログラム部品

全角空白「 」を2個の半角空白「 」に変換するプログラム部品です。
行のコラム数自体は変更しませんので列が崩れたりしないところがポイントです。
データ編集ではこの目に見えない「全角空白」というものが悪さをします。
このプログラム部品を用いて、まず最初に処理対象のデータファイル全体について
全角空白を半角空白に変換しておけば、
データ編集でのエラーを格段に減らすことができます。
応用編として2個ではなく1個の半角空白に変換したいなら
とある部分を書き直せばよいです。
なお、文字コードはWindowsを想定しています。
別のコンピュータの場合にはそれぞれ適切な文字コード表を 用いる必要があります。

 !tm -------------------------------------------------------
  subroutine chg_fs2hs(ifile, ofile)
!tm 「 」全角空白 -> 「  」半角空白
    integer (8), parameter :: in_unit = 9917
    integer (8), parameter :: out_unit = 9918
    character (len=2), parameter :: moji_to_find = char(129) // char(64) ! full-width space「 」
    character (len=2), parameter :: moji_to_replace_with = '  ' ! two half-width spaces「  」
    character (len=2) :: moji
    character (*) :: ifile, ofile
    open (in_unit, file=ifile, access='stream', form='formatted', status='unknown')
    open (out_unit, file=ofile, access='stream', form='formatted', status='unknown')
    do
      read (in_unit, '(a)', advance='no', eor=100, end=110) moji(1:1) ! read the first byte
      if (ichar(moji(1:1))>127) then ! assume two-byte character if 1st byte is > 127
        read (in_unit, '(a)', advance='no') moji(2:2) ! read the 2nd byte
        if (moji==moji_to_find) then
          write (out_unit, '(a)', advance='no') moji_to_replace_with ! output replaced char
        else
          write (out_unit, '(a)', advance='no') moji ! two-byte char output as is
        end if
      else
        write (out_unit, '(a)', advance='no') moji(1:1) ! single byte char output as is
      end if
      cycle
      100 write (out_unit, '()') ! new record
    end do
    110 continue
    close (in_unit)
    close (out_unit)
  end subroutine chg_fs2hs


[tips] Fortranプログラムでテキストファイルを読む際のコツ

Fortranプログラムでテキストデータファイルを読み込む際のコツは

  • 一行まるごと文字列として読む

です。一行をまず丸ごと読み込んで、そのあとに

  • カンマ区切りなのかしらべる
  • データ列数をしらべる
  • 一行の長さが一定かどうか調べる
  • 変数に区分して読み込む

など、さまざまな処理を行えます。
こうしておけば最初の行(項目名の行)を読み飛ばすことも簡単です。最初の1行読むだけ、にすれば、2行目から処理ができます。
1行を「まるごと長い文字列」として読み込むのでどのような形式であっても読み込める、というメリットがあります。読み込んだ後に必要な処理を行うのです。

[excel] エクセルによる業務書類雛形

いわゆる神エクセルというものがあります。エクセルの行列を方眼氏のようにして枠線などを配置したものです。事務業務で使われるような各種枠線付き印刷雛形書類を比較的簡単に作成できます。またそのひな形を用いてすぐに業務書類が作れます。

以下のページがおすすめです。

エクセルテンプレート
http://excelman.blog73.fc2.com/

[excel] データ入力のしかた

エクセルで各種データ入力することが多いと思います。
エクセルを使う際には

  • 1行目のみを項目名にする
  • データは2行目から入力する

ことがコツです。数多くのデータは行データとして入力していきます(1行1データの鉄則)。列方向には項目が並びます。この形式でデータ管理すれば、以下のように様々なメリットがあります。

  • 1行目を項目名にしてデータソート(並べ替え)やマージ(連結)しやすい
  • テキストデータに変換してその後のプログラム自動処理がしやすい
  • 項目名がないのも困るので1行だけ項目名に使う
  • 行をデータ行にすることでデータ数が何百件に増えてもデータ処理しやすい
  • アクセスなど他のデータベースアプリとの相性が良くなる

などです。

[tips] データが大切なのです

プログラムはある意味だれでもどこでも作れます

勉強しさえすれば

でも、あなたの持ってるデータ、それは、あなただけの、宇宙にただ一つのものです

とある牛舎の雌牛のデータ

うん、宇宙でただ一つしかないかけがえのないデータです

ほかの誰も作れない真似できない

宇宙にひとつのデータを大切にしましょう

データこそが宝です

プログラム?

勉強すればだれでもどこでも作れます


[fortran] 半角数字を整数実数に変換する(その逆も)

以下の部品を使うと、文字の半角数字を、整数や実数に変換できます。
とっても便利!^^


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!  read(moji,'(f10.5)') suji    !! moji -> suji (文字を数字に変換)
!  write(moji,'(i2.2)') suji    !! suji -> moji (数字を文字に変換)
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
  integer :: suji
  character(10) :: moji
  moji='1234'
  read(moji, '(i10)') suji
  write(*,'(i10)') ' suji: ',suji

[fortran] 全角数字を半角数字に変換するプログラム部品

全角数字「123」などを半角数字「123」などに変換するプログラム部品(Fortran90)です。
これを応用すれば、ある部分を変更するだけで他の文字などへも変更できます。
どうぞご利用ください。

!tm -------------------------------------------------------
  subroutine chg_fd2hd(ifile, ofile)
!tm 全角数字 -> 半角数字
    integer (8), parameter :: in_unit = 9917
    integer (8), parameter :: out_unit = 9918
    character (len=2) :: moji
    character (*) :: ifile, ofile
    open (in_unit, file=ifile, access='stream', form='formatted', status='unknown')
    open (out_unit, file=ofile, access='stream', form='formatted', status='unknown')
    do
      read (in_unit, '(a)', advance='no', eor=100, end=110) moji(1:1) ! read the first byte
      if (ichar(moji(1:1))>127) then ! assume two-byte character if 1st byte is > 127
        read (in_unit, '(a)', advance='no') moji(2:2) ! read the 2nd byte
        if (moji(1:1)==char(130) .and. moji(2:2)>=char(79) .and. moji(2:2)<=char(88)) then ! if moji is full-width digit
          write (out_unit, '(a)', advance='no') char(48+ichar(moji(2:2))-79) ! convert to half-width digiti
        else
          write (out_unit, '(a)', advance='no') moji ! two-byte char output as is
        end if
      else
        write (out_unit, '(a)', advance='no') moji(1:1) ! single byte char output as is
      end if
      cycle
      100 write (out_unit, '()') ! new record
    end do
    110 continue
    close (in_unit)
    close (out_unit)
  end subroutine chg_fd2hd

[fortran] 分子血縁行列作成プログラム部品

変量効果の推定とBLUP法 単行本 2007/2
佐々木 義之 (著)
ISBN-13: 978-4876987023

のp124にて掲載された内容を実装したFortran90プログラム部品です。自由にご利用ください。

!tm -------------------------------------------------------
  subroutine create_a00
! numerator relatonship matrix subroutine by Fortran90
! 出典:
! 変量効果の推定とBLUP法 単行本 2007/2
! 佐々木 義之 (著)
! ISBN-13: 978-4876987023
! p124
!----------------------------
! a s d sex   -> a s d renumbered!
! 1 0 0 m        1 0 0
! 2 1 0 m        2 1 0
! x 1 0 f        3 1 0
! y 1 0 f        4 1 0
! 3 1 0 m        5 2 0
! 4 1 0 m        6 1 0
! 5 3 0 m        7 5 0
! 6 0 x m        8 0 3
! 7 3 y m        9 5 4
!----------------------------
    integer, parameter :: nanim = 9
    integer :: i, j
    real (8) :: amat(0:nanim, 0:nanim)
    real (8) :: atmp
    integer :: sid(nanim), did(nanim)
    print *, '--- create_A00_sasaki ---'
!tm -------------------------
    sid(1) = 0
    sid(2) = 1
    sid(3) = 1
    sid(4) = 1
    sid(5) = 2
    sid(6) = 1
    sid(7) = 5
    sid(8) = 0
    sid(9) = 5
!tm -------------------------
    did(1) = 0
    did(2) = 0
    did(3) = 0
    did(4) = 0
    did(5) = 0
    did(6) = 0
    did(7) = 0
    did(8) = 3
    did(9) = 4
!tm -------------------------
    do i = 1, nanim
      if (sid(i)>0 .and. did(i)>0) then
        amat(i, i) = 1.0d0 + 0.5d0*amat(sid(i), did(i))
      else
        amat(i, i) = 1.0d0
      end if
      do j = 1, i - 1
        atmp = 0.0d0
        if (sid(i)>0) atmp = atmp + 0.5d0*amat(j, sid(i))
        if (did(i)>0) atmp = atmp + 0.5d0*amat(j, did(i))
        amat(j, i) = atmp
        amat(i, j) = atmp
      end do
    end do
    write (*, *) '2016 blup sasaki book p124'
    write (*, *) '* a s d sex -> a s d revnum'
    write (*, *) '* 1 0 0 m      1 0 0'
    write (*, *) '* 2 1 0 m      2 1 0'
    write (*, *) '* x 1 0 f      3 1 0'
    write (*, *) '* y 1 0 f      4 1 0'
    write (*, *) '* 3 1 0 m      5 2 0'
    write (*, *) '* 4 1 0 m      6 1 0'
    write (*, *) '* 5 3 0 m      7 5 0'
    write (*, *) '* 6 0 x m      8 0 3'
    write (*, *) '* 7 3 y m      9 5 4'
    write (*, *) ''
    do i = 1, nanim
      write (*, '(20f7.4)')(amat(i,j), j=1, nanim)
    end do
! 1.0000 0.5000 0.5000 0.5000 0.2500 0.5000 0.1250 0.2500 0.3750
! 0.5000 1.0000 0.2500 0.2500 0.5000 0.2500 0.2500 0.1250 0.3750
! 0.5000 0.2500 1.0000 0.2500 0.1250 0.2500 0.0625 0.5000 0.1875
! 0.5000 0.2500 0.2500 1.0000 0.1250 0.2500 0.0625 0.1250 0.5625
! 0.2500 0.5000 0.1250 0.1250 1.0000 0.1250 0.5000 0.0625 0.5625
! 0.5000 0.2500 0.2500 0.2500 0.1250 1.0000 0.0625 0.1250 0.1875
! 0.1250 0.2500 0.0625 0.0625 0.5000 0.0625 1.0000 0.0313 0.2813
! 0.2500 0.1250 0.5000 0.1250 0.0625 0.1250 0.0313 1.0000 0.0938
! 0.3750 0.3750 0.1875 0.5625 0.5625 0.1875 0.2813 0.0938 1.0625
  end subroutine create_a00


当ページの画像は

当ページの画像は

フリーラ
http://free-webdesigner.com/freeillustration

さまより利用させていただいております m(_ _)m

追記20171227

フリーラのページはこちら
http://freeillustration.net/


日本畜産統計戦略会議2018

はじめまして!
これからがんばります!

日本畜産統計戦略会議への連絡先

これからどうぞよろしくお願い申し上げます。

当会議の連絡先は

メール:jcsas2018(at)yahoo.co.jp

です。また、当ブログページにコメントを自由に書き込みいただけます。
どうぞご利用くださいませ。
プロフィール

jcsas

Author:jcsas
みんなでがんばります!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1141位 / 13835人中
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
221位 / 2573人中
アクセスランキングを見る>>
来場者数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR